綺麗な床

もうすぐ年末。
年末と言えば、楽しい大晦日!・・・の、その前に、やっておかないといけないことがあります。それは大掃除。
正直言って、大掃除なんて、全然やりたくありません。大掃除を飛び越えて、早く大晦日だけ来ればいいのになぁ~なんてゲンキンなことを思ったりしてしまいます。
フローリングの床は、何気なく汚れやすいものですが、新築の時にフロアコーティングをしておいてよかった・・・・と今になってつくづく思っています。

フロアコーティングというのは、新築で家を建てた時か、あるいはリフォームをしたばかりの頃に行います。
フロアコーティング?ワックスでいいんじゃない?と思う方もいるかもしれません。確かに、ワックスは値段も持ちも手頃でいいのですが、フロアコーティングは普通のワックスとは少し違うのです。
フロアコーティングというのは、耐久性が高く、一度塗る3年から20年くらいは長持ちしてくれるのです。一度塗装を行えば、次に塗るのは20年後かもしれない・・・とか考えると、ずいぶん長持ちだなと思いませんか?
そのため、もし家のリフォームをする機会があれば、是非フロアコーティングを試してみて下さい。一度塗装をすれば、その後の掃除がずっと楽になりますよ。

フロアコーティング自体は、床を汚れや傷みから守ってくれる技術です。
ただ、同じ守ってもらうにしても、汚れた床を守るのと、綺麗な床を守ってもらうなら、綺麗な床を守ってもらう方がいいに決まっています。
新築から入居までの期間や、リフォームの時にコーティングをするのがいいと言われているのも、そういった理由からなのです。

リフォームをする時は、綺麗にした床を守ることも大事です。綺麗な床に膜を作ると、汚れがつきにくいから掃除も簡単になります。

外部リンクでおすすめ

フロアコーティングなら汚れから守ってくれるんですよ[フロアコーティング業者の比較]

兵庫県のリフォーム会社で斬新なデザインを提案してくれる業者なら|株式会社勝匠